米ペットフード業界で激震「毒物混入」で訴訟ラッシュ

2007年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社が製造、北米一帯に販売するペットフードを食べた犬や猫、少なくとも14匹が相次ぎ死亡。「ねずみ駆除用の毒物が検出された」とニューヨーク州が発表した。同社は缶詰など6千万個以上にのぼる大規模な商品回収を実施、事態収拾に躍起になっているが、飼い主たちの間で不安が広がっているだけでなく、提訴の動きが勢いを増している。同社は昨年12月3日から今年3月6日までに出荷したペットフードの中に含まれる小麦粉グルテンに、肥料として使われていたメラミンの残留を認めた。これを食べた犬や猫は腎不全を起こして死に至った。小麦原料は中国の業者から輸入したもので、アジアの一部地域では使用が認められているが、北米では禁止されており、ペット用品への利用も不可。同社は100近いブランド名で犬・猫用ペットフードを販売、北米のほとんどの食品スーパ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。