紙面改革もさっぱり弥縫策に走る朝日新聞

2007年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「新聞を取り巻く状況は、まさに逆風といっていいでしょう。今世紀も新聞が生き延びるためには、この逆風に立ち向かう新モデルを開発する必要がある。そう私たちは考えました」朝日新聞が4月1日付から紙面を刷新。それに先立って東京本社編集局長の外岡秀俊氏が「読者の『共有資産』をめざします」と題した署名原稿を1面に掲載した。「逆風」とは何か。IT社会と少子高齢化、ゴシップにメディアが群がる「報道の娯楽化」の3点を外岡氏はあげる。長野総局の記者による偽情報事件などの責任を取って、前社長の箱島信一氏が退いてから2年近く。「ジャーナリスト宣言」のテレビCMに20億円以上を投入したのもつかの間、カメラマンによる地方紙の記事の盗作が発覚し、急遽2億円分のCMをとりやめた。外岡氏の意気込みも理解できる。「危機から反転し、読者の信頼を確かにする道のりの新たな一歩にしたい」とする ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。