偽ドルを「虚構化」するドイツ発の操作

2007年5月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第13回]

  • はてなブックマークに追加

小説『ウルトラ・ダラー』に描かれている物語はフィクションだ――諜報の世界でいまこうした地下情報がそっと流布されつつある。何者かによって静かな情報戦が仕掛けられているのだ。「嘘のような真実」が、じつは「事実に見せかけた虚構」だった――。こうして人々を贋情報に誘い込む。古都ウィーンに張り巡らされた地下水道のようにディスインフォメーションが流れていく。情報の震源地は、EU(欧州連合)の金融首都フランクフルトだ。「著者としてあなたはどう対応するのですか。関係者はみな息をひそめて見守っていますよ」インテリジェンス・オフィサーのひとりからこう尋ねられた。「あれは小説だと一貫して申しあげているはずです。なにも付け加えることなどありません」やれやれとため息をつきながらこう応じ、定石どおり沈黙を守り通すことにしている。情報戦で感情を露に反論などすれば、わが情報 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。