独自の「地震緊急速報」で差をつけるCATV業界

2007年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ケーブルテレビ(CATV)業界では、気象庁の「緊急地震速報」を活用し、揺れが到達する前に音声で視聴者に警告を発するサービスの商用化に取り組んでいる。日本民間放送連盟が同庁に対して、「パニックなどの二次的被害が起こる可能性が高い」として、速報の周知徹底を求めているのとは対照的だ。業界では実証実験を進め、今秋にも開始したい考え。契約者の関心が高い防災サービスを売り物にして、独自性をアピールしたい思惑がにじみ出る。緊急地震速報とは気象庁が観測したデータを分析し、各地の揺れの到達時刻や震度を瞬時に予測、広報する。一般向けの運用が今秋に始まる見通しだ。CATV各社は家庭やオフィスで、受信ケーブルに小型の専用端末をつなぎ、速報を音声で伝える形を想定。テレビのスイッチが入っていなくても端末は作動するほか、テレビのない部屋にも端末を設置でき、警報を聞けるように ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。