日本にも根づき始めた起業家スピリッツ

2007年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

1999年に行われた世界の起業意識調査では、「あなたの国で起業家は尊敬されているか」との問いに米国人の93%、カナダ人の88%が「はい」と答えたのに対し、日本はわずか8%だったが、今では56%に跳ね上がった。3月11日、都内のホテルで開催された若手起業家とその予備軍が結集する「大挑戦者祭」の賑わいは、この数字がまやかしではないことを物語っていた。会場には3千人が来場。主催は財団法人ベンチャーエンタープライズセンター。経済産業省の後援を受けた起業家大量輩出プロジェクト「ドリームゲート」のメインイベントである。基調講演には、百科事典サイト「ウィキペディア」の創始者であるジミー・ウェールズ氏。続いて中国でグーグルを抜くナンバーワン検索エンジンサイトとなった「百度(Baidu、バイドゥ)」の創業者、李彦宏(ロビン・リー)会長兼CEOが特別講演。李氏は創立5年目に米ナス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。