検察の無理が通った「ホリエ裁判」

懲役2年半の実刑判決は、想像し得る最も厳しい量刑。控訴審で逆転はあるか。

2007年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

昨年1月の東京地検特捜部による「ヒルズ襲撃」から1年2カ月。3月16日、東京地裁で懲役2年6カ月の実刑判決を受けたライブドアの堀江貴文前社長は、「実刑のショックからなかなか立ち直れない毎日」(周辺関係者)を送っているという。「事件は堀江主導」と喧伝した検察側の「最大協力者」として、法廷証言では堀江と激しく対立した宮内亮治元財務担当取締役も、蓋を開ければ1年8カ月の実刑。「罪を認めて反省すれば、執行猶予の可能性は十分ある」と踏んで、取り調べに全面的に協力してきただけに、「判決に激しく動揺し、裁判所への強い不満をぶちまけた」と伝えられた。宮内の場合、検察側の求刑は堀江に対する4年と比べ、2年6カ月と4割近くも低かった。求刑にこれほど差がついたのは、宮内の協力的な態度に検察が「配慮」したからに違いなかった。堀江も宮内も即日控訴して拘置所への収監を免れた。だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。