岩見隆夫氏が勇退後継者に悩む毎日新聞

2007年5月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

1989年9月から20年近く続く毎日新聞の長寿連載がある。タイトルは「近聞遠見」。筆者はテレビ「時事放談」の司会でもおなじみだった同紙特別顧問、岩見隆夫氏(71)。週に1度、政治家のエピソードを中心に世相を斬る人気コラムだ。それが、この3月で打ち切られるという風評が流れた。実際は「世界一周クルーズ」に出かけるため「3カ月休載」するだけなのだが、休載を機に岩見氏は毎日を離れ、フリーの政治ジャーナリストになった。勇退が数年前からの本人の意向だという。岩見氏はサンデー毎日連載の「サンデー時評」の筆者でもあり、文字通り同社の花形コラムニスト。「近聞遠見」は部数低迷に喘ぐ同紙にとっては数少ないキラーコンテンツともいえる。今すぐというわけではないが、いずれ衣鉢を継ぐコラムニストが不可欠だ。そこで北村正任社長を中心に緊急会議が招集され、「ポスト岩見」について協議 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。