郵政一家の「伏魔殿」に国税の刃

旧郵政互助会を揺るがす巨額追徴。権益侵された特定郵便局長会が黙っちゃいない。

2007年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2月20日付の日本経済新聞朝刊1面に、興味深い記事が掲載された。「日本郵政公社が特定郵便局の賃借料を大幅引き下げ 年800億円を最大で200億円程度圧縮」。10月の郵政公社民営化まで約7カ月を残したこの時期に、なぜこんな記事が出たのか。その謎は、1週間後の2月27日に解けた。郵政公社系の財団法人「郵政福祉」が、郵便局舎や郵政職員宿舎の賃料収入をめぐって東京国税局から約180億円の申告漏れを指摘されたことが、新聞やテレビで一斉に報じられたのだ。郵政公社が郵政省(後の郵政事業庁)、郵政福祉が「郵政互助会」の時代から50年以上も続けられてきた、郵便局舎や宿舎の賃貸。その収入は公益事業からのものとして扱われ、非課税とされてきた。このため賃料は割高に設定され、郵政ファミリー厚遇の「原資」となってきた。だが、国税当局が「郵政公社誕生後は課税の対象」としたことで、「政治献 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。