「カネボウ」の武藤山治後輩留学生が初の同窓会

2007年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

カネボウの前身、鐘淵紡績の「中興の祖」といわれる武藤山治(1867~1934)が、明治18(1885)年に渡米して給仕をしながら学んだパシフィック大学(カリフォルニア州ストックトン)の日本人卒業生が2月17日、東京のホテルで初の同窓会を開いた。「温情経営」で知られ、凶弾に倒れた山治の留学先は長く不明だったが、旧姓の佐久間山治の名で登録していたことが最近判明、1919年には日本の書籍購入基金を寄付していたことも明らかになった。こうした縁で、パシフィック大学は昨年11月、図書館の一角に「武藤ルーム」を設けて、「東洋道徳 雉子も鳴かずば打たれまい 西洋道徳 正しくせよ 何者も恐るるな」という山治揮毫の書や写真などを掲げている。来日したドナルド・デローザ学長は同窓会に出席、山治の孫にあたる武藤治太・大和紡績会長と吉沢建治・元東京三菱銀行副会長らと語らいながら「カネボ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。