「北九州24時間コンテナ港」の運営会社が債務超過の危機

2007年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「わが国初、24時間稼働のコンテナ港」を謳って05年4月開港した北九州市の「ひびきコンテナターミナル」(略称HCT)が危機的な状況だ。HCTの運営会社は北九州市と港湾荷役世界第2位のPSA(元シンガポール港湾局)、同日本最大手の上組、日本通運、新日本製鉄、三井物産など民間16社が出資する三セクだが、今年3月末で約8億円もの債務超過に陥る見通しだ。原因は取り扱い貨物の不振に尽きる。目標の年間25万個(20フィートコンテナ換算)に対して、実績は2年目で10分の1の約2万5千個。今後も飛躍的な改善は望み薄だ。韓国・釜山が年間1千万個(同)という巨大なコンテナ港に育ち、しかも荷役料はHCTより3割安と、圧倒的に強い。このため、新日鉄は4月から運営会社から役員を引き揚げる。運営会社を埠頭会社(荷役会社に貸す管理会社)に衣替えするか、解散して北九州市に埠頭を買い取らせたい考えだ。一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。