「もっとも危険な女囚」仮釈放にドイツ騒然

2007年4月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

1971~93年にかけて財界人や警官、米軍人など34人を殺害したドイツ赤軍派(RAF)の元幹部2人の仮釈放の是非をめぐって、ドイツの政界やメディアが騒然としている。ひとりは「ドイツでもっとも危険な女」とされたブリギッテ・モーンハウプト(57)。77年のシュライヤー経営者連盟会長の誘拐・殺害をはじめ、ブーバック連邦検事総長、ポント・ドレスナー銀行頭取など9件の殺人事件に関与したとされる。ドイツには死刑がないため最高刑の終身刑が下ったが、最低禁固期限24年が満期となるため、裁判所は3月27日に5年の保護観察付きで仮釈放することを決定した。もうひとりはクリスティアン・クラール(54)。彼も終身刑で、26年の最低禁固期限を待たずに恩赦を申請していたが、州政府に却下された。今年1月に極左組織のシンポジウムに「資本主義の企てを殲滅しよう」と声明文を送り、意気軒高ぶりを示したか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。