イラク派遣のハリー王子アル・カイダの「標的」に

2007年4月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

英対外諜報機関MI6の暗号解析部門は、国際テロ組織アル・カイダの機密通信システムの暗号を破ることに成功し、陸軍士官としてイラク派遣が決まったハリー王子をテロの第一級標的にしている事実を掴んだ。ハリー王子はチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の次男(王位継承順位3位)で、06年にサンドハースト陸軍士官学校を卒業した22歳。デズ・ブラウン国防相がハリー王子の所属する近衛騎兵連隊「ブルーズ・アンド・ロイヤルズ」のイラク派遣を発表した2月22日の数時間前、王子はMI6のジョン・スカーレット長官から、イラクでどのような脅威が待ち構えているか詳しい説明を受けた。ある情報将校によると「王子は資料にぱらぱらと目を通してから、押しやった。頑固な若造だよ。自分や部下の面倒くらい見てみせると言い切った。厳しい訓練を受けてきたから、特別な護衛をする必要はない、ともね」。だが、MI ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。