宰相リシュリュー<下>

国家の敵よりほかに敵なし

2007年4月号 連載 [第二の男 第3回]

  • はてなブックマークに追加

まるで喜劇芝居の一幕だ。舞台は母后マリのリュクサンブール宮。彼女はルイ13世にリシュリュー罷免を迫っている。すると秘密の扉から突然、宰相が出現。母后は逆上し、宰相は泣いて哀訴する。とんだ愁嘆場に辟易した国王は、彼に謹慎を命じた。勝利を確信した母后は、腹心マリヤックと新政権を準備する。ところが国王はヴェルサイユ宮に宰相を呼び、「母は敬うが、余はわが国家により以上の義務を負っているのだ」と告げる。罷免はない。マリヤック一味は捕らえられた。宰相は母后を国王から引き離すため、一計を案じた。「母后が近く逮捕される」という噂を広めると、彼女はスペイン領オランダへ亡命、以後、フランスの地を踏むことはない。王弟はモンモランシー公と蜂起するが敗れ、彼もオランダに逃げた。宰相にとって最大の難題は対外政策だ。北イタリア問題はケラスコ条約でとりあえずけりをつけ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。