OBの過激暴露本に頭を抱える朝日と毎日

2007年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞と毎日新聞のOBが相次いで「告発本」を出し、両社は頭を抱えている。昨年末、朝日新聞販売局OBの崎川洋光氏が日本評論社から出版した『新聞社販売局担当員日誌』には、自ら販売の裏金作りに手を染めた経緯が詳細に描かれている。すでに一部を雑誌で暴露。朝日から崎川氏に対して「社友」資格1年停止処分が出ている。3月に文藝春秋から出た『特命転勤毎日新聞を救え!』の著者は、元毎日新聞不動産企画室長の吉原勇氏。大阪・堂島の旧大阪本社敷地の売却を巡って、故竹下登氏に5億円が渡ったエピソードなどを紹介している。毎日はこの本が出版されるや、「推測に基づいて書かれた、想像の産物」と文春に抗議したが、文春は音無しの構え。吉原氏は退社後、毎日新聞グループの下野新聞の役員ポストに就くなど、それなりに処遇されていたようだが、本人にとっては不本意だったようだ。崎川氏も似た ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。