韓国の知日派復帰竹島「棚上げ」の兆しか

余命短い盧武鉉大統領がいくら吠えても、足元の外交通商部から柔軟発言。日本も備える必要あり。

2007年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

韓国の盧武(ノム)鉉(ヒヨン)大統領は3月1日、ソウル世宗文化会館で開かれた3.1節(独立運動)記念式に出席し「日本は誤った歴史を美化したり、正当化したりしようと考えず、良心と国際社会で普遍性を認められている先例に従い、誠意を尽くすよう望む」と述べた。竹島(韓国名・独島)問題に関しても「一部自治体が日露戦争当時に武力で強奪した日を記念し、過去の過ちを否定する一部の発言が、間違った歴史教育をあおっている」と批判した。厚顔無恥なお説教演説は相変わらずである。「日韓関係は悪くない。悪いのは韓国大統領だけ」と述べた元外交官のせりふは説得力がある。だが、トンチンカンな盧演説が聞けるのも、今年限りである。任期切れが来年初めに迫っているからだ。島根県が制定した「竹島の日」(2月22日)から2年。懸案の竹島領有権問題に関して、韓国外交筋の中から盧大統領とはスタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。