「たすき掛け」が微妙なNTT次期社長人事

2007年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

事務系と技術系の「たすき掛け」で有名なNTT社長人事が、にわかに話題になっている。02年就任の和田紀夫社長(66歳、京大経)が来年6月に技術系に譲ると思われていたが、急遽この6月に三浦惺(さとし)副社長(67年入社、東大法 62歳)を軸に事務系役員を昇格させる動きが起きているのだ。 関連会社首脳は「長年の慣習(たすき掛け)を覆すのは困難なうえ、来年になると一層難しくなる。だったら時期を前倒しして強引に三浦氏に、という思いが和田氏の胸に去来しているのではないか」。和田氏が事務系、とくに労務畑にこだわる理由について、業界内では「政治との距離をとるのに技術屋では難しいから」とみられている。もともと、NTT首脳ポストは政治に口出しされやすい。昨春も2期4年を機に和田氏が後進に道を譲るとの話が持ち上がったが、当時の総務相がNTT解体論者の竹中平蔵氏だったこともあり、「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。