船井電機80歳「雷」社長の野望

傘寿にして現役ばりばりの船井哲良氏。「松坂効果」利用し、激戦の液晶テレビに殴り込み。

2007年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大リーグのボストン・レッドソックスに入団した松坂大輔投手のインタビューの背景には「FUNAI
TV&DVD」と書かれたボードが置かれている。日米で松坂人気が盛り上がると踏んだ船井電機が2月、年間約1億円で広告契約を結んだ。このボードはオープン戦だけでなく公式戦でも使われる契約で、広告業界では「実際の広告効果は1億円の何倍もあるだろう」と言われている。同社はほとんど広告を打たないが、日米を狙い撃ちにした今回の広告戦略は、1月に80歳になった船井哲良社長の肝煎りだという。「傘寿」で上場企業を率いるのは稀だ。それでも、1月に刊行された『八〇歳でも現役社長! 船井哲良の終わらない挑戦』(講談社)では売上高1兆円への飽くなき夢を語る。国内外の電機メーカーへの相手先ブランドによる供給(OEM)と米流通大手ウォルマートへの納入で成長してきたフナイは今、自社ブランドの強化に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。