「脱石油」エタノールのジレンマ

食糧か燃料かで穀物相場急騰。寡占化も進み、肥料や農薬の使用が増える矛盾も。

2007年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トウモロコシなど穀物を原料とする代替エネルギー、エタノールをもてはやした張本人は、ジョージ・ブッシュ米大統領である。今年の一般教書演説で「ガソリン消費量の20%を今後10年で再生可能燃料に置き換える」と明言した。当面の主役がエタノール。ガソリン漬けの米国のエネルギー不安を吹き飛ばす「打ち出の小槌」と見えたのだが、とんだ副作用が起きた。トウモロコシが先導した穀物相場の高騰である。農家と商品市場や株式市場のブローカーの双方が「エタノール」熱につかれた。在庫率は6.4%と過去2番目の低さ。昨年の豊作にもかかわらずエタノール需要で需給逼迫に陥り、ヘッジファンドなどの投機資金が流れこんだ。シカゴのトウモロコシ価格は2月下旬に10年8カ月ぶりの高値を記録し、一部農家もその恩恵に与った。悲鳴を上げたのが食品会社。シリアルやスナックなどは原料費の急騰を吸収しきれず ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。