企業メセナ協議会会長(資生堂名誉会長)福原 義春氏

21世紀型メセナは数字ではない価値を

2007年4月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――「失われた10年」の間に、企業が文化活動への支援に消極的になったと言われましたが、景気回復とともに復活していますか。福原 たしかに、一時は企業の寄付金総額が減って、メディアが「メセナは死んだ」とまで書きましたが、また増えつつあります。1件当たりの額は大きくありませんが、件数がかなり増えています。1社が1億円というより、千社が10万円ずつ支援するという望ましい方向へいっています。私は、20世紀の最後は「失われた10年」ではなくて、「21世紀を準備する10年」だったと思う。社会にCSR(企業の社会的責任)の意識が高まり、企業も業績だけではなくて社会からの信頼が必要だ、という意識が広がった10年でした。――バブル期と、どんな点が違います?福原 バブルのころは、元気のいい大企業が巨額の資金を出し、海外の人気オペラを呼んで高額の入場料をとって上演した。でも、ファンの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。