東京電力――勝俣社長退陣のXデー

4年半前の「トラブル隠し」の悪夢がよみがえり、「引責」の足音が近づいてきた。だが、本当はこれを奇貨として……。

2007年4月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

3月1日午後、東京・霞が関の経済産業省で東京電力の記者会見が行われた。といっても大臣や経産省幹部が使う会見場ではない。隣の記者クラブの一角、狭い社会部分室のソファが“お詫び”の場にあてられた。居並ぶ記者の前で築舘勝利副社長が深々と頭を下げた。「昨年来、弊社の原子力発電設備などで行われたデータ改竄、不正につきまして皆さまにご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」。すでに東電は1月31日に原発7件、火力2件、水力5件の改竄・隠蔽を公表しているが、さらに詳細な調査結果を携えてこの日、原子力・安全保安院に報告したのだ。新たに原発1、火力6、水力1件の改竄がみつかったという。「まことに残念」とうつむく築舘副社長に容赦なくフラッシュがたかれる。それからである。厚さ4センチもある分厚い資料をもとに、個別案件の細部の説明と質問が延々と続いた。重箱の隅 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。