猛禽ファンド「スティール」

サッポロビールが震える敵対的TOB。が、もとは村上ファンド便乗の二線級だった。正体暴露の決定版。

2007年4月号 COVER STORY [日本企業M&A]

  • はてなブックマークに追加

身長は170センチほど。米国人にしては小柄である。若きダスティン・ホフマンに似ていて、ちょっとワシ鼻で人をにらみ付けるような目つきだが、物腰はすこぶる丁寧だ。別れた妻との間には娘が1人いる。この愛娘は目に入れても痛くないほどの可愛がりようで、彼の知人によると、「仕事や会議に連れてくるほどの子煩悩」だという。それでも近々再婚するそうだ。ここまで書くと、人間味あるキャラクターに思えるが、日本中の企業経営者がこの名を聞くとおぞ気をふるう男なのだ。その名は――ウォーレン・リヒテンシュタイン。明星食品、サッポロホールディングス(HD)などに敵対的なTOB(株式公開買い付け)をかけた米国のヘッジファンド「スティール・パートナーズ」の創業者であり、ファンドの総帥である。年齢はまだ41歳。ポーランド系ユダヤ人の出自といい、学生時代から運用ビジネスに手を染めていたこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。