電源開発はプロパーの沢部氏

2007年4月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

電源開発(Jパワー)のトップ人事は、プロパーの中垣喜彦社長(69)が会長に就任し、同じくプロパーの沢部清副社長(60)が社長に昇格、経産省出身の太田信一郎副社長(60)を副会長に据えて監督官庁のメンツも立てる案で固まった。同社は1952年に設立された経産省系特殊法人で、2003年の完全民営化後、初のプロパー社長の中垣氏がリーダーシップを発揮してきたが、すでに高齢のうえ、今年6月で3期6年となるため、交代は必至。後継者は沢部氏と太田氏の両副社長に絞られている。沢部氏は経歴が人事、総務など管理部門に偏っており、社外人脈が太くない点が弱みとされる。太田氏は特許庁長官を務めた大物官僚だが、天下りには社内外の抵抗がある。両雄が社長と副会長ポストで棲み分ける異例の人事となった。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。