九州電力は橋田常務が昇格

2007年4月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

九州電力の新社長は橋田紘一常務(64)に固まった。6月で歴代社長と同じ2期4年の「任期」満了となる松尾新吾社長(68)が会長に就任し、鎌田迪貞会長(九州経済団体連合会会長、72)が名誉会長あるいは相談役に退く。橋田氏は九州経済界に顔が広く、鎌田会長の信任が厚い点が決め手となった。東大、九大など旧帝大出身者が幅を利かせる電力業界のトップの中で「慶大卒の橋田氏で大丈夫か」との声もあったが、官(経産省)の影響力が低下した今、「私大卒」は社長人事の決定的障害にはならなかった。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。