奥田大丸会長に栄進の道

2007年4月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

奥田務大丸会長が5月末に日本経団連の評議員会副議長に就任する。副会長に昇格するためのウエーティングポストで来年5月には、01年に鈴木敏文イトーヨーカ堂会長が退任して以来、7年ぶりに流通業界から副会長が誕生する可能性が高い。奥田氏は前日本経団連会長の奥田碩トヨタ自動車取締役相談役の実弟。大丸を経営改革によって高島屋や伊勢丹と並ぶトップデパートに躍進させた人物で、今まさに松坂屋との経営統合を仕掛け百貨店業界ナンバーワンの座を狙っている。昨年、中央財界デビューを果たし、今年の人事で御手洗冨士夫会長が副会長に起用しようとしたが、兄の碩氏が「時期尚早」と反対し、実現しなかった。しかし、松坂屋との統合で大丸は一段とスケールアップ。務氏が「雑巾がけ」に励めば、来年は兄のゴーサインが出るだろう。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。