「賢治」という忘れもの

2007年4月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第12回]

  • はてなブックマークに追加

岩手県一関市で仕事をすませ、東北新幹線で盛岡へ向かった。「次は新花巻」という車内アナウンスを聞いて、そうだ、宮沢賢治だ、と衝動的に下車した。夕方の4時ごろ、駅前のタクシーに飛び乗って、宮沢賢治の関連の場所で、いまからどこが見られるか、と尋ねた。「んだね、記念館はたぶん間に合わないから生家と、花巻農学校ぐらいかね」。暖冬だというのに、前日から降り続く雪で、タクシーはのろのろとしか走らない。花巻市内の中心部にある生家は、蔵もそのままだが、裕福なたたずまいが賢治のイメージと合わないので、タクシーの窓からちらりと見て通り過ぎ、郊外の北上川を見下ろす丘の上にある花巻農学校(いまは花巻農業高校)へ向かった。校庭の隅に賢治が生活と農民啓蒙運動の拠点としていた「羅須(らす)地人協会」の2階建ての建物が復元されている。入り口の黒板に「下ノ畑ニ居リマス 賢治 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。