「下妻関経連」のバックに松下電器

「カネもヒトも支援するから」と、下妻を強引に口説いたのは、松下電器の森下相談役だった。

2007年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2月2日に開かれた関西経済連合会正副会長会議。当初、欠席予定だった副会長の下妻博住友金属工業会長(70)が突如、事務局に「出席」の返信を送った。「俺は絶対に引き受けない」と拒み続けてきた下妻だが、会長ポストを受諾したというこのメッセージにより事態は急転した。関経連の地盤沈下を晒した会長人事の混迷は2004年8月に端を発する。現会長である秋山喜久(75)のお膝元、関西電力の美浜原子力発電所で死傷事故が発生。日本経済団体連合会の奥田碩会長(当時)から「早く後継者を作って辞めるほうがいい」と引導を渡されながらも、秋山は会長に居座った。その後、秋山は西日本旅客鉄道会長(当時)の南谷昌二郎を後釜に据えようとしたが、05年4月に起きたJR福知山線脱線事故で南谷は脱落。次善の策としてダイキン工業会長の井上礼之の擁立に動いたが、社業専念を理由に、土壇場で固辞されてしま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。