宰相リシュリュー<中>

“国家理性”は憎まれる

2007年3月号 連載 [第二の男 第2回]

  • はてなブックマークに追加

 奉公の至極は「家老の座に直り、御意見申し上ぐる事に候」と『葉隠』にある。家老になり、主君に諫言して国を治めること、私利私欲ではないというのだ。山本常朝の言葉は、純粋かつファナティックである。 リシュリューも権力のデーモンに取りつかれた男だが、人間臭く私利私欲は十分にあった。彼が常朝に近いとすれば、国家と君主という公に捧げた部分の大きさであろう。 さてルイ13世の王権はまだ脆弱だ。大貴族のエペルノン公が謀反を起こし、母后をブロワ城から脱出させ、アングレームに籠って第一次母子戦争が始まった。緊迫するなかで、国王側に妙案が浮上する。「母后の信頼厚いリシュリューを呼び戻し、和解工作をさせたらどうか」 寵臣リュイーヌまでが進言したので、国王も心が動いた。司教は無罪放免、母后に和解を進言する。アングレームの和約がなり、母后にはアンジュー地方総督管区 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。