大橋 洋治氏 全日本空輸会長

満州逃避行が生んだ「美点凝視」

2007年3月号 連載 [経営者のひきだし 第11回]

  • はてなブックマークに追加

 自らは法外な報酬を手にしておいて、社員には「コミットメント」や「目標設定」などと高いハードルを押しつけ、未達成な点ばかりを論って給与を抑え込む。そんな風潮が経営層にはびこりかけていたが、やはり、ほころびが見え始めた。 トップダウン経営と称し、どんな立派な経営戦略を立てても、それを実現するのは社員たち。人間を大切にしない経営は、しょせん、先細る。「貴其所長、忘其所短」(その長ずるところを貴び、その短なるところを忘る)。『三国志』で呉を率いた孫権は、部下の使い方を、こう説いた。短所には目をつむり、長所を大事にして、力を発揮させる。無論、「忘る」とは、本当に忘れてしまうことではない。欠点をよく知ったうえで、それにとらわれず、得意とするところで働いてもらう。 美点凝視。社員がのびのびと力を発揮するには、大切なことだ。何年かに一度、この言葉を語 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。