天台、浄土の最高位は超長寿レースの覇者

2007年3月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

 最澄の天台宗と法然の浄土宗。日本を代表する二つの伝統仏教教団の最高位、天台座主と浄土門主の交代が先日、相次いで発表された。宗教界はいざしらず、一般の人が退任した2人の年齢を聞くと、仰天することだろう。天台座主渡辺恵進氏は96歳、浄土門主中村康隆氏に至っては、なんと100歳なのである。 天台座主は日本仏教の母山である比叡山延暦寺の住職を兼ね、日本史上で重要な役割を果たしてきた。9世紀の初代義真に始まり、渡辺氏は255世に当たる。その渡辺氏が引退した理由は「高齢のため」。ただ、後継の天台座主に2月1日付でなった半田孝淳氏の年齢はというと、大正生まれの89歳。半田氏は就任式でイラク戦争などに触れつつ「現代仏教のために頑張りたい」と元気に挨拶したという。 最近では、渡辺氏の前任だった梅山円了氏は90歳で座主となっている。そのまた前任で「比叡山宗教サミット」を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。