退職金を借金で賄うたわけた自治体が続出

2007年3月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

「団塊の世代」(1947~49年生まれ)の大量退職を前に、新年度予算編成に追われる自治体幹部の顔色が冴えない。来年度から団塊世代の大量退職が急増することに加え、本年度末に定年退職する職員の退職手当分についても、自主財源で賄えず、借金である「退職手当債」に依存する自治体が続出しているためだ。 2006年度当初予算に退職手当債を計上した都道府県は半数近い22道府県で、発行予定額は合計で約1千億円。一部には、予想外の税収増で大阪府(発行額100億円)のように発行を見送る自治体もあるが、多くの自治体は退職手当債で賄う方針だ。さらに、07年度の退職手当発行総額は約5900億円と、06年度(2600億円)の2倍以上に膨らむ見通しというから、驚きだ。 千葉県では06年度当初予算の60億円から一気に200億円、岡山県も前年度比3倍の90億円に増額。石川県でも07年度から5年間で約180億円の発行 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。