「名」より「実」の船井電機 三洋狙うしたたかぶり

2007年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 中堅AVメーカーの船井電機の動向に注目が集まっている。巷間では松下電器産業が売却する日本ビクター株の受け皿候補として名前が挙がっているが、これは実態とは違う。 液晶テレビやDVDレコーダーなどをOEM(相手先ブランドによる生産)供給するのが船井のビジネスモデル。米ウォルマートで売られているAV製品の大半を船井が担っているのは、つとに有名だ。こうしたビジネスを原則としている以上、ビクターを手中に収めるリスクは大きい。ビクターブランドで商品を売ればOEM先と競合する商売を展開することになり、OEM契約が破棄される可能性が高いからだ。 実は船井が狙っているのは、ビクターと同様に経営再建中の三洋電機。三洋はブラウン管テレビからの切り替えが遅れ、松下やシャープ、ソニーなどがしのぎを削る薄型テレビ市場で見る影もない。 このため、昨春に台湾の広達電脳と提携すると表 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。