ビクター争奪戦が迷走 親会社松下もうんざり顔

2007年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 松下電器産業による日本ビクター株売却が迷走を始めた。当初は中堅AV(音響・映像)メーカー、ケンウッドへの売却を画策。しかし、企業規模が自社の4分の1程度でしかないケンウッドへの身売りとなれば、小が大を呑み込む再編となる。プライドだけは一流のビクターにとって、これはどうしても受け入れ難い。そこで米投資ファンドのサーベラスを引き込み、MBO(経営陣による買収)を対抗案として掲げた。 ところが、こうした水面下の攻防が昨年末に表面化したため、話はややこしくなった。松下のビクター株の売却意向が周知されたことで、他の買収希望者を排除すれば、株主代表訴訟の対象にされかねなくなったのだ。このため、松下は野村証券をフィナンシャルアドバイザーとする入札を実施することとなった。 名乗りを上げたのは、欧州系投資ファンドのペルミラ、米テキサス・パシフィック・グループ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。