近鉄社長は岡本専務が有力

2007年3月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 近畿日本鉄道の次期社長に岡本直之専務が最有力。同社の歴代社長には秘書畑のエースが就くのが恒例。人事・労務畑の辻井昭雄会長は例外的存在で、現在の山口昌紀社長、社長・会長を歴任した田代和相談役も秘書畑だった。 同社の中興の祖とされる佐伯勇氏の秘書役を務めた上山善紀氏も後に社長に就いた。大阪商工会議所会頭の座をめぐって関西財界を二分した「大商戦争」の時、上山氏は大商会頭だった佐伯氏の参謀として縦横無尽の動きをした。近鉄は今も関西財界の雄としての役割が期待されている。 岡本氏ももちろん秘書畑。山口社長の側近として関西財界ですでに名前が売れており、近鉄とオリックスの球団統合の際には山口社長の「黒衣」として活躍した。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。