経団連正副会長任期など「平岩ルール」見直しへ

2007年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 90年12月から3年半、経団連の第7代会長を務めた平岩外四氏(東京電力顧問)が、自ら定めた「正副会長の任期は2期4年が限度」「副会長は最初の選任時に70歳以下」という内規の見直しを提案。波紋が広がり始めた。 きっかけは、今回内定した副会長7人の交代人事。約半数の入れ替えで、就任1年目の御手洗冨士夫会長がどこまで「御手洗色」を出すかが焦点だった。第一生命保険の森田富治郎会長(66)、東レの榊原定征社長(63)、日立製作所の古川一夫社長(60)とメディアの予想を大きく覆す抜擢が続いた。 だが、選考は、簡単ではなかったようだ。事務局は御手洗氏に数十人に上る候補者リストを渡したが、識見や業績、業種のバランスなどを考えれば、適材はそう多くない。流通業界の論客である大丸の奥田務会長(67)も有力候補だったが、兄である奥田碩・前会長が身内を推したと思われるのを嫌って強 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。