「複数の戦争が勃発する」アシュダウン卿の予言

「イラクの負け戦」の後に控えるイランの脅威とサウジの地雷。英国の戦略通が警告を発した。

2007年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 頑強な“裸の王様”――米英2国では、国民はじめ政府機関、軍がこぞって泥沼のイラクからの撤退を望んでいるのに、指導者であるジョージ・ブッシュ大統領とトニー・ブレア首相だけが、最後までイラクにとどまろうとしている。ここでイラクを見捨てたら、中東全域に混乱が広がり惨禍はもっと大きい、と主張して。ならば中東情勢が安定しなかった場合を想定して、日本や西側諸国が直面するリスクを分析しよう。 2002~06年に国連ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表を務めた英国のアシュダウン卿――パディ・アシュダウン上院議員(元自由民主党党首)は昨年11月、英西部バースで行った講演の後、400人を超える聴衆を前に直近の世界情勢の見通しを尋ねられた。 米英両国がイラクで敢行した「冒険」に慎重な言葉遣いながらも強く批判をしてきた同氏が、今回は驚くほど大胆な予言を語った。「世界の力の構造に過 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。