沖縄はブッシュと心中せず

「普天間」の辺野古移設で読みが甘く、焦る安倍政権。したたかな仲井真知事が急がぬ理由。

2007年3月号 GLOBAL [同盟クライシス]

  • はてなブックマークに追加

 悲願の「省」に昇格したばかりの防衛省の初代大臣、久間章生氏の度重なる“食言”は、ほとんど確信犯なのではないか。とりわけ沖縄の在日米軍普天間飛行場の返還・移設問題については、複雑な事情が反映しているとしか思えない。「(普天間飛行場の辺野古崎移設では)埋め立てに県知事のハンコをもらわないとならない。この辺が米国はよく分かっていない。米国は根回しというものが分からない。日本は根回しが大切だ」「(日米政府合意案は地元と)すりあわせをしながら、落としどころを探している。日本は地方分権になっている。米国に『あまり偉そうなことを言ってくれるな。知事と一所懸命話しているから、もうちょっと待ってくれ。日本のことは日本に任せてくれ』と言っている」(1月27日、長崎県諫早市で講演)「(日米合意案は)修正しない場合もする場合もある。政府案を閣議決定したが、沖縄の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。