米で「トランス脂肪酸」禁止ファストフードに大打撃

2007年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 米国では心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸(TFA)の使用を禁ずる動きが広がっている。TFAはマーガリン、調理油に含まれ、食品の賞味期限を延ばし、舌触りをよくする効果から、加工食品、ファストフードに広く使われてきた。 ニューヨーク市では昨年末、08年までに市内の全レストランにTFAの使用禁止を義務付ける法律を制定。市の健康問題委員会はまず、07年7月までに1食あたりTFA量を0.5g未満、08年7月までにデザート、サラダドレッシングなどすべてにこの義務を広げることを可決。ファストフードのフライドポテトやフライドチキンは1食あたり5~10gのTFAが含まれており、全面禁止と同じことになる。 全米レストラン協会ではニューヨーク市の決定を非難、法律施行差し止めを求める提訴も辞さない構えだが、シカゴ市でもTFA規制を検討中で、消費者団体からの支援を追い風に、全米に広がる勢 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。