北九市長選で評判落とした新日鉄の自民党支持

2007年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 労使一体で特定候補を応援するという、独特の企業選挙の発祥の地である北九州市で、新日本製鉄の評判がすこぶる悪い。自ら築いた40年来の伝統を破壊したためだ。先の北九州市長選挙で、自民・公明党推薦の元国土交通省幹部、柴田高博氏(57)を応援し、これまで20年間支援してきた北橋健治氏(53、民主・社民・国民新党推薦)の敵に回った。背景には日本経団連の自民党支持がある。三村明夫社長が日本経団連副会長の要職にあり、次の会長ポストを狙う立場からも自民党支持を鮮明にした。東京本社はそれでいいだろうが、たまらないのは八幡製鉄所の関係者。これまで労働組合と一緒に北橋氏を担いできたのに、手のひらを返すことになった。さらに頭を抱えたのは八幡製鉄所の下請け企業群。製鉄所からは「わかってるね。北橋をとるか、仕事をとるか、二つに一つだ」と締めつけられた。表向きは柴田氏支持 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。