李登輝“独立断念”の真相

2007年3月号 連載 [「軍略」探照灯 第11回]

  • はてなブックマークに追加

 台湾の李登輝前総統が「私は台湾独立を主張したことはない」と主張し「台湾独立の追求はアメリカ、大陸(中国)との多くの問題を引き起こす危険がある」「台湾は大胆に開放を進め中国資本、中国観光客が台湾に来るようにすべきだ」「私は孔子が列国を周遊した道をたどってみたい」などと語ったことは台湾の政界、言論界に衝撃を与えている。台湾独立の「教父」とされていた李登輝氏(84)が「独立反対」を唱え、大陸との交流拡大を勧めたことは、「中台の紛争、米軍の台湾支援」を前提に論じられることの多かった日本の防衛論議を、根底から揺さぶることになりそうだ。 李登輝氏は1月29日、台湾の有力週刊誌「壱週刊」記者の4時間にわたるインタビューに応じて、台湾独立問題、台湾海峡の両岸関係を語り、これが31日発売の同誌に掲載された。また同日TVBSのインタビューでも同趣旨のことを語っている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。