007もどき中国スパイ盗聴器仕込んだ改造硬貨

2007年3月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 英防諜機関MI5によると、中国の情報工作員は英国国防関連企業の秘密取引の交渉内容を盗聴するため、超小型の送受信機を仕込んだ改造硬貨を、カナダの空港にある両替窓口で標的の財布に忍びこませている。 発覚したきっかけは昨年12月、オタワでカナダ軍最高幹部との会合に参加していた英国防省系列の請負業者が硬貨の細工を偶然発見したこと。硬貨内蔵の超小型送受信機はピンの頭ほどの大きさで、中国が最新のナノテクノロジーを駆使して開発、マイクロフィルムや暗号化されたメッセージを記録できる。表面にあるボタンを押せば、硬貨が分解してデータを取り出せる仕掛けだ。危ないのはカナダの2ドル硬貨。サイズが3センチ弱で、中にくぼみをつくりやすいためだ。 MI5によると、中国の工作員は英国各地の空港に網を張っている。国防省の請負業者たちは英国航空(BA)のファーストかビジネスクラスに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。