水産業界の台風の目「日本水産」

マルハ・ニチロの次は「業界優等生」が標的に。食指を動かすのは外資系か異業種メーカーか。

2007年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 無風だった水産業界にも、ついに再編の火がついた。起爆剤は昨年暮れに発表された最大手のマルハグループ本社(旧大洋漁業)と3位のニチロ(旧日魯漁業)の経営統合だ。 両社は今年10月、まず持ち株会社「マルハニチロホールディングス」の傘下に入り、その後、水産、食品、畜産、物流保管の主要4事業ごとに再編される。会長には田中龍彦・ニチロ社長、社長にはみずほコーポレート銀行(旧日本興業銀行)出身の五十嵐勇二・マルハ社長が就任する。売上高予想の合計は1兆円の大台に乗る。味の素に並ぶ巨大食品メーカーが誕生する。「世界的に水産物の需要が増える中、今後は不利な状況に置かれかねない。統合でそうした状況に対応できる機能を強化したい」(ニチロ・田中社長)「国内の水産市場は飽和状態にあり、全体のパイが増えない。事業拡大を進めるため、統合という結論に至った」(マルハ・五 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。