国税のムチに「一口馬主」真っ青

「競馬ファンド」の税務処理にグレーゾーン。実は社台グループやラフィアンが標的か。

2007年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 確定申告のシーズンを迎えて、俗に一口馬主と呼ばれる人々の周囲が波立っている。一口馬主は、正式には「クラブ法人の出資者」。競走馬生産者などを母体とする19のクラブが募集しているのだが、国税庁が昨年来、クラブ各社に従来の税務会計処理の方法を改めるよう指導。出資者も負担増となる可能性が高い。 クラブ法人の持ち馬には、一昨年の有馬記念でディープインパクトに土をつけたハーツクライ(社台レースホース所有、現種牡馬)を始め、競馬界の看板馬も多く、8千頭近い中央競馬所属馬の約16%を占める。だが、こうした馬たちの所有関係のスキームは複雑極まりない。 クラブ各社は1頭の馬を40~500口に分割して一般に出資を募っている。中には募集価格2億円(40口×500万円)の高馬もいる。素人目には「出資者=馬主」と映るが、そうではない。登録上の馬主はクラブ法人各社。しかも、各社は出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。