サダム「隠し資産」3兆円を追え

「死人に口なし」だが、ロンドンのハンターが隠匿関与の銀行リストを入手した。

2007年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 昨年末にイラクのサダム・フセイン元大統領の死刑が執行された後、英対外諜報機関MI6が中心となって、サダムが過去25年以上にわたり、石油代金流用やイラク中央銀行からの横領で築き上げた推定125億ポンド(約3兆円)の隠し資産の行方を追う動きが活発になってきた。 サダムは処刑される直前まで、隠し資産のありかを明かせと諜報機関に迫られていた。しかし、がんとして口を割らず、今となっては「死人に口なし」である。 隠し資産の片鱗が見えたのは、イラク侵攻のあった2003年4月である。バグダッドの宮殿の一つから、米軍兵士が164個のアルミ箱に詰め込まれた総額6億5600万ドル(約787億円)の米ドル紙幣を発見したのだ。アルミ箱の近くで「ジュネーブのクレディ・スイス銀行に委託する」と書かれた現金1億ユーロ(約156億円)のユーロ札が積まれた武装車も見つかった。 アルミ箱の発見からま ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。