TBSも楽天も慄然「ABCマート」が殴りこみ

無名の靴小売チェーンの創業者が突如、大株主に浮上。キャスティングボートを握ったから、さあ大変!  

2007年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「裏で村上(世彰・村上ファンド前代表)やその残党が糸を引いているのかもしれない。三木(正浩ABCマート会長)の狙いを見定めないと、うちも楽天も動けなくなった……」 靴小売り全国チェーンを展開するABCマートの三木氏(51)の個人資産管理会社「イーエム・プランニング」がTBS株を発行済み株式総数の8.92%まで買い増したことがわかった1月中旬、TBS関係者は三木氏を「村上ファンドの亡霊」になぞらえて表情を険しくした。「実は昨秋以降、TBSは水面下で、楽天の保有株(発行済み株式総数の19%超)を自社株TOB(株式公開買い付け)で買い取る構想を温めていた」(TBS関係者)。当時の株価は2600円前後で、多少のプレミアムを付けても1千億円程度で買い取れた。1株当たり3100円の平均価格でTBS株を取得した楽天には100億円を超す売却損が出るが、「それも譲渡損に伴う節税効果を考えれば大した損失 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。