米中合作の「ドル軟着陸」

原油や非鉄、タイ・バーツ相場で波乱の芽。ドルと人民元の「一蓮托生」に限界が……。

2007年2月号 COVER STORY [水脈ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

 1月11日の外国為替市場で円相場は東京時間午後5時過ぎに、約1年1カ月ぶりに1ドル=120円台に下落した。日本では円・ドル相場だけを大騒ぎするが、世界の市場関係者の心はここにあらず。グローバルな市場の変調にこそある。 その1週間前、日本では株式市場の大発会にあたる4日に、商品取引所のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)が殺気立った。原油先物相場が大幅続落し、指標のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)2月渡しが1バレル=56ドル弱と約1年半ぶりの安値で取引を終えたのだ。 年明けの取引開始から2営業日で5ドル超も下げた原油急落の引き金は暖冬である。1月の気温が摂氏20度を超え、ニューヨークのセントラルパークを上半身裸でジョギングする姿がテレビに映し出されている。暖房用の需要が平年の6割程度で推移しているとあって、投機筋の売り注文が重なった。原 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。