前日本商工会議所会頭 稲葉興作氏

洒脱な「座談の名手」

2007年2月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

 ゼネコン汚職で辞任した故石川六郎氏(元鹿島会長)を引き継ぎ、1993年に日本商工会議所(東京商工会議所)の会頭に就いた稲葉興作氏。経団連会長も務めた故土光敏夫氏らを輩出した名門、石川島播磨重工業(IHI)の社長、会長を歴任してきたが、晩年は老害批判にさらされた。 最初は97年夏。身内からの批判だった。長野県で開かれた東商の正副会頭会議の席上、大賀典雄副会頭(当時、ソニー会長)が「会議所は『老人会議所』と言われることもある」と口火を切り、他の副会頭も追随。会頭の稲葉氏は「老人会議所と誰が言っているのだ」などと猛反発したことがあった。稲葉氏はその時すでに73歳。財界も若返りが必要との声が強まっていた。 2000年には、01年4月に東京で開かれることになっていた太平洋経済委員会(PBEC)を取り仕切ってから退任する、と任期の1年延長を表明。ここでも岡田卓也東商副 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。