ウクライナ・ロシアの修復NATO加盟のジレンマ 

2007年2月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 厳冬期にガス供給停止をちらつかすロシアの圧力に屈する形で、05~06年初のウクライナに続き、昨年末にはベラルーシもガスの値上げをのまされたが、石油パイプラインの送油停止で欧州まで巻き込む形でもめている。そのなかで12月22日、ロシアのプーチン大統領は約2年ぶりにウクライナを訪問、ユーシェンコ大統領と会談を行い、関係修復を内外に印象づけたが、急所を握られたウクライナは親米路線の修正を迫られている。 プーチン大統領は「両国の経済関係には多くの問題があるが、技術や市場の問題であって政治的ではない。今後両国は協力してエンジニアリング・航空・輸送・エネルギーなどで建設的な問題解決を図る」と経済協力に意欲をみせた。これに対しユーシェンコ大統領は「会談は建設的だった」としたものの、会談に先立ち「ガス価格設定が不透明」「クリミア半島のロシア黒海艦隊駐屯は契約 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。