毎日新聞 VS 2ちゃんねる

2007年2月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

 例年、元日紙面はスクープ合戦になるものだが、今年は不作だった。朝日は1面トップで松岡利勝農水相の秘書の口利き疑惑を報じたものの、迫力不足。読売の東芝・石川島播磨重工業連合がロシアの原発建設に参入という特ダネは他紙からほとんど無視された。 そんな中で「不毛な闘いによく挑んだ」と新聞界で妙に感心されているのが毎日新聞。元日の1面と2、3面を大きく使って連載企画「ネット君臨」をスタートさせた。サブタイトルに「第1部 失われていくもの」とある。毎日が元日に取り上げたのはインターネット上の代表的な掲示板「2ちゃんねる」。誰でも簡単に書き込むことができ、情報が早いが、書き手が匿名のため、誹謗中傷に近い内容があり、一方的に批判され、反論できないケースもある。これまでマスコミがまともに取り上げなかったネット空間の際どい話題を俎上に載せた。 1面の大きな見出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。