日経が「日経BP救済策」

2007年2月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

 日本経済新聞社が元日付で出版部門を分社し「日本経済新聞出版社」を設立した。あまり芸のない社名だが、まず本体から出版局を切り出し、2年後をメドに子会社の日経BP社、日経ホーム出版社と統合する。最大の狙いはBP救済だ。BPは経営と技術の「BtoB」専業出版社で、経営分野は「日経ベンチャー」が06年上期ABC部数で7万500部と7年前の99年上期(以下、いずれも7年前との比較)より12.2%落ちたものの、旗艦誌の「日経ビジネス」が逆に33万2600部と4.7%増えたため、まずは安泰だ。 しかし、技術系は凋落著しい。かつて「ビジネス」と並ぶ主力誌だった「日経パソコン」は25万2300部で13.9%ダウン。「日経コンピュータ」も4万8700部で24.9%減、「日経エレクトロニクス」は3万9100部で10.2%減、「日経アーキテクチュア」は4万5500部で15.2%減、「日経エンタテインメント!」に至っては8万7700部で3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。