村瀬長官こそ社保庁改革の「癌」

職員を犠牲にして保身に汲々とする「総司令官」。馬脚を現した民間抜擢人事。

2007年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 不祥事続きだった社会保険庁は、いよいよ2年後の2009年度に廃止・解体が確実となった。 これによって現在の社会保険庁は3分割され、厚生労働省年金局に統合される部門、非公務員型の公法人に引き継がれる部門、民間委託される部門にそれぞれ分かれる。 その際、約1万7千人の同庁職員の半数近くは、解雇される予定だ。国民の不満のガス抜きとともに、2
010年までに5%の削減が義務づけられている国家公務員の定員数を、ここで少しでも稼いでおきたいとの思惑もあってのことだ。まさに、社会保険庁はボロ雑巾のように打ち捨てられるわけだ。 当然、同庁職員の士気は低下の一途をたどる。社会保険庁幹部職員が打ち明ける。「定年前に辞めていく職員は、これまでも毎年約300人程度いましたが、昨年度は例年に比べて7割近くも増えて約500人に達しています。しかも、深刻なのは退職者のなかに占める若手 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。